きらきら*のこと

5・7・5・7・7のリズムが好き
ただ それだけで、
綴ってみても いいかしら
そんな私の 短歌な毎日
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
ツバメの谷 (アーサー・ランサム全集 (2))
ツバメの谷 (アーサー・ランサム全集 (2)) (JUGEMレビュー »)
アーサー・ランサム
今、読んでる本
子どもの頃に読みたかった!
エミリ・ディキンスン家のネズミ
エミリ・ディキンスン家のネズミ (JUGEMレビュー »)
エリザベス・スパイアーズ
詩をめぐる物語
詩って、やっぱり素敵だね
ミオよわたしのミオ (岩波少年文庫)
ミオよわたしのミオ (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)
アストリッド リンドグレーン
今、読んでる本
1ページ目から引き込まれました
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログランキング!
クリックお願いします♪
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
中間テスト
 はじめての 中間テストに キリキリと
            胃が痛みます 母さんだけが

--------------------------------------------------------
今日から、はじめての中間テスト。
テスト範囲のプリントが配られ、
テストの受け方・返され方のプリントが配られ、
3日前から部活も中止になりました。

あー!緊張するー。

オイ!「サザエさん」観て、テレビの前で大爆笑してるのは、誰だ!



にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

バナー
| 息子のこと | 12:28 | comments(0) | - |
お絵かき
 カツカツと 画用紙叩いて 君が描く
           点々てんてん 胡麻だと言って

---------------------------------------------------------
手に持ったクレヨンを、カツカツと音をたてながら
画用紙に叩きつける娘。

「・・・・・・・・・・それ、なぁに?」
「ごま!」
「!!!!!!!!!!」

娘よ・・・・・・・・・・・それは、まさに、胡麻です!


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

バナー
| 娘のこと | 14:56 | comments(0) | - |
抜け毛の季節
 dai

羊なら 売るか作るか セーターを
          抜け毛の山を 眺めて思う

---------------------------------------------------
「夏が、もうすぐやってくる」
動物って、身体で感じるんだな。
毛がね、抜けるよー。抜けるよー。抜けすぎだよー。

旦那が、汗だくになりながら毛すきをしたら、なんと
ソフトボール四つ分の毛がすけた。
抜けるよー。抜けるよー。抜けすぎだよー。
コーギー、恐るべし!


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

バナー
| コーギーのこと | 10:20 | comments(0) | - |
なぜ跳ねる〜♪
 その靴は スプリング付きに 違いない
           何故に跳ねるか 息子よ君は

-----------------------------------------------------
図体と口ばかりが、日々、大きくなる息子だけれど
小さい時から、全く、変わらないことがある。

《興奮すると、ぴょんぴょん跳ねる》

今日は、中学校の部活説明会で、その後、練習の参観でした。
娘が熱を出したので、パパが見に行ったのだけれど、
帰ってきて教えてくれるには、
「すごく楽しいらしくて、イッパイ跳ねてた。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

練習の合間合間、なぜか、ぴょんぴょん!
嬉しそうに、ぴょんぴょん!とにかく、ぴょんぴょん!
見ているお母さん方、みんな、くすくす。
「でもね・・・」
パパが、声を潜めて言った。
「となりで、もう一人、跳ねてる一年生がいたよ。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

息子くん、良かったね。気が合いそうな友達が、同じ部活にいて。



にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

バナー
| 息子のこと | 14:28 | comments(0) | - |
昔かよった道
 ゴトゴトと 電車にゆられ 帰る道
           昔はここから 行った道

-----------------------------------------------------
ゴールデンウィーク。
娘と一緒に、実家から、電車で帰ってきました。
疲れて寝てしまった娘の頭をなでながら、久しぶりに
ゆっくりと、窓の外を眺める。

ゴトゴト。ゴトゴト。
懐かしい街並み。良く知っている街並み。
ああ。今の私は、ここから、《私の家》に帰るんだな。

そんなことが、ちょっと寂しかった。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

バナー

| つぶやき | 14:35 | comments(0) | - |
最近のお弁当事情
 「最近さぁ フルーツの量が 増えてない?」
           言われて逆ギレ 大人気ない母

------------------------------------------------------
お弁当づくりも、1ヶ月もやれば、なんとなく慣れてくる。
そんなある日、息子が、指摘した。

「最近さぁ フルーツの量が、増えてない?」

弁当箱の仕切りを利用して、フルーツで場所をうめてます。
そのフルーツの量が、最近、増えたというのだ!
即座に、強く否定し、逆ギレした母。

・・・・・・・・・・・・・・・・・我ながら、大人気なかったな。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

バナー
| 息子のこと | 13:46 | comments(0) | - |
高熱
 「外行くの〜!」 熱にうなされ 泣く子抱き
              薬の時間 指折り数えて

------------------------------------------------------
3日間、39度から40度の熱に苦しんだ娘。
座薬を入れても、一向に下がらない。
でも、グッタリすることなく、元気!元気!・・・っていうか、
いつもよりハイテンション(涙)

「外に行くのー!」
「お風呂はいるのー!」

どうして駄目なのか理解できない娘。
仕方なく、泣く娘を抱いて玄関のポーチで過ごしたのでした。
そんなとき、考えることと言ったら、薬のことばかり。
どうか、次の薬がききますように・・・。

そして今日、検査したら、「アデノイド」だったそうで、
抗生物質もきかない流行性の病気。
ひたすら、3〜5日を耐えるしかないのだそうです。
「だから、抗生物質、全然効かなかったんだなー」
って、先生・・・。
そればかり考えて過ごした、私の3日間って一体・・・


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

バナー
| 娘のこと | 14:26 | comments(0) | - |
母の日
 「はい、これ。」と 小言の途中で 花束を
             息子が渡す 母の日の朝に

------------------------------------------------------
今日も朝から部活で、しかも、6時半に出発で。
ちんたら息子に、早朝から小言。

ブツブツ ブツブツ ブツブツ ブツブツ

もうすぐ、ドッカ〜ン!というところで、息子が花束を
無造作に取り出した。

「はい、これ。」
・・・・・・・・・・・・・・・・。

言い過ぎたかな。そんな母の日。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

バナー
| 息子のこと | 14:13 | comments(0) | - |
発熱
 受付の 椅子にちょこんと 腰掛けて
          妙にカワイイ・・・ 40度の子

------------------------------------------------------
何が嫌って、娘と一緒の待ち時間がいや。
それが、病院の待ち時間となれば、なおさらです。

「病院で走っちゃだめ!」「しーっ!」
「病院の床は、裸足で歩かないの!」

毎度、毎度のやりとり。
でも、今日の娘は、ちょっと違う。
母の横に、静かに、ちょこんと座っている。
カ、カ、カワイイ・・・・・・。

思わず、心で叫んだ母を許せよ娘。
記録、40.2度。頭、沸騰しそう・・・
早く、治りますように。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

バナー
| 娘のこと | 13:42 | comments(2) | - |
さらさら
 誰か弾く チェロに合わせて さらさらと
              若葉が歌う 柔らかな声で

-----------------------------------------------------------
ゴールデンウィーク、娘と二人、実家に帰りました。
夕方、お家の中に飽きてしまった娘と、ふらり、お散歩。

誰もいない、静かな校庭。
気がづくと、さらさら、さらさら・・・
若葉が風にふかれて歌ってた。
生まれたばかりの若い葉は、なんて優しい、
柔らかい声で歌うんだろう。
さらさら、さらさら。

その木の下を、楽しそうに走り回る、小さな娘。
どこからかチェロの音が聞こえてきて、
それは、まるで夢のような春の夕暮れでした。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

バナー
| つぶやき | 15:09 | comments(2) | - |